ブログ 取扱商品・使用方法

【育毛サプリメント】メロウシャルム取扱開始!!【おまけ有り】

併せて読んでみてください 🙂

育毛剤っていつ使うかご存知ですか?

みうらの頭には育毛剤使えないんですよ…

意外と知らない脱毛原因と育毛時に知っておきたい事

 

育毛サプリメント【メロウシャルム】のご紹介!!

主成分はビュリクシール。

医薬品フィナステリドに全く劣らない脱毛阻害効果を持ちながら、副作用がありません

αリダクターゼ1型2型共に抑制します。

免疫機能向上。頭皮環境、常在菌のバランスの安定。

皮脂量のコントロール作用があります。
過剰に出る頭皮の皮脂量を調節して、サラサラの頭皮に改善していく作用。
ベタつく皮脂は、本来髪になるべき栄養が脂として流出している状態なのです。
内臓に負担をかけないのが良いところです。

ソイポリア配合

タンパク質合成を促進するポリアミンを直接補給できるのがソイポリア。

ポリアミンは成長期に多く合成されますが、年齢とともに大きく減少する。
ポリアミンが減ると新陳代謝の低下と内臓の細胞分裂の速度が低下する。

ポリアミンは一般の食物からもとれるが、吸収できるのは30%程度。
直接補給することが合理的。

ポリアミンが減ると毛髪が減少し、逆に多くとると増加する。

ソイポリアの研究として(ちょっと長いです)

皮膚の厚さの維持ができる。ポリアミンを取り続けたマウスは皮膚の厚さが老化したときに低下していなかった。理由はコラーゲン合成数値が高かったため。

更年期の体重増加を抑制する
通常食のマウスは更年期になると体重が増加したが、ポリアミン摂取のマウスは増加しなかった。

熱量の維持
ポリアミンを摂取しているマウスは老化した時も熱量の減少が少なかった。

軟骨の再生
軟骨を損傷させたマウスにポリアミンを摂取させると、多くとるほど回復が促進した。人間だとヒザ痛とかの関節痛に効果が期待できる。

臓器の回復促進と機能向上
肝臓や胃 腸などは細胞分裂のさかんな臓器だが、ポリアミン摂取により臓器の細胞分裂促進と2.5倍のタンパク質吸収効率ができる。

精巣障害の保護効果
表現を多少曲げての説明になるが、精巣で造られる精子が強くなり、男性側の不妊に効果が期待できる。

人間における髪 爪への美容効果
平均39歳の女性37名に一カ月ソイポリアを服用したところ
髪のハリコシ ツヤ 抜け毛 白髪で自己評価での向上感を得た。
爪は縦筋 薄さ ささくれ 二枚爪の項目で向上感があり、特に爪の薄さとささくれに向上感を得た。

腸における繊毛の増加と障害の低下
ポリアミン摂取のマウスにおいて腸内の繊毛が大幅に増加し、腸内の障害が起きていなかった。

死亡率の低下と毛並みの維持
マウスにおいてポリアミン摂取のマウスは長寿になり、毛髪の量と太さの劣化が少なかった。

日本ポリアミン学会 という研究会があり、研究が進んでいる。
(アンチエイジングとはポリアミン摂取である)
という先生もいるらしい。

発毛学において、今まで考えてきた毛髪の減少原因の抑制と栄養の摂取だけでは足らず、
実際に栄養を肌と髪に変えるカギになる素材だという事がわかっています。

 

そんなメロウシャルム

1ヶ月分 ¥6900+税 で販売してます!

【おまけ】

過去記事読んで頂いている方はわかると思うのですが

栄養って何とればいいの?ってなりますよね。

栄養に関してはアドバイス程度になってしまいますが
たんぱく質のもとになる【リジン】
ケラチンタンパク合成を促進する【亜鉛】
抗酸化、頭皮ケアに【ビタミンB群、C】
を積極的に摂るのがオススメです。

ちなみに、αリダクターゼ+テストステロン=ジヒドロテストステロンとなり脱毛因子になるということでしたが、これはジヒドロテストステロンがIGF-1という成長因子を減少させてしまうからなのですが
血液学の研究から、【カプサイシン】と【大豆たんぱく】を同時に摂取するとIGF-1を生成されることがわかりました。
納得+キムチ
豆腐+一味唐辛子
味噌汁+一味唐辛子
等。
胃腸の弱い方は玄米や鮭に含まれる【アスタキサンチン】もIGF-1を増加させるそうなのでオススメです。
IGF-1は更年期障害や乳ガン対策としても効果が高いです。

 

-ブログ, 取扱商品・使用方法
-,

Copyright© hairdesign LARGO , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.