ブログ

【髪が多い人必見!】髪の量とデザインの関係性【美髪のメカニズム】

こんにちわ 😛

最近15分の二度寝が日課のみうらです。

今日は

髪の量が多い方が扱いやすくするにはどうしたらいいか?

ここを解説していきたいと思います!

【髪が多いのでできるだけ減らして下さい】

このようなオーダーをしている方がいたら是非ご一読下さい!!

髪を減らす目的は何ですか?

色々あるかと思います。

・広がりを抑えたい

・ドライヤーの時間を短縮したい

・結んだ時にこんな太さはいらないetc...

ここで覚えてほしいのは

髪は量が減ると動きが出やすくなる。

という事です!

なので【まとまり感】や【つや】というようなデザイン性を求める方は

減らし過ぎてはダメなのです。

逆に、乾かす時間やお風呂の時間短縮などの実用性を求める方は

ガンガン減らして大丈夫です。

自分はどちらが優先度高いのかを考えて

量を減らすようにしましょう。

そしていざ減らす前に、こんな疑問が出て来ます。

あなたの髪は本当に多いですか?

日本人は約11万本毛髪があると言われています。

これを【ふつう】としたときに

【少ない】と悩んでいる人、【多い】と悩んでる人

±1万本くらいでしょうか?

これは同じ頭の大きさと生えている面積で考えた時には多い、少ないで比較できますが

頭のサイズは人それぞれです。

そこで、何が『髪多いな...』と思わせているのか。

1つは太さ。

同じ量でも密度の違いで量感も違って見えます。

そして2つ目

※ここが一番お伝えしたいところです

それは

【クセ】です。

広がる、パサつくの原因としてこの【クセ】があります。

髪は直径の平均が0.07mmなのですが

簡単な図で申し訳ないですが

クセで髪一本の幅は変わります。

そしてこれが数千、数万本重なります。

更には髪の毛一本ごとに伸びるスピードが違うので

クセの重なり方も変わります。

Aのような状態もあればBのような状態もあります。

直毛が1万本重なるのと

クセ毛が1万本重なるのでは

量感は圧倒的に違うのです!!

なので

【量が多い】から膨らむ

のではなく

【クセが重なる】から膨らむ場合に

闇雲に量を減らしてしまうと動きが出て

更に広がりやすく、まとまらない状態

になってしまう訳です。

  • とにかく乾かすのを早くしたい
  • どうせ結ぶからデザインは気にしない

場合はどこまでも量を減らしていいと思いますが

  • スタイリングしやすく
  • まとまりやすくボリュームダウンしたい

等の場合は【量を減らす】ではなく

ストレートなどのアプローチが必要なのです。

 

いかがでしたか?

是非参考にしてみてください 🙂

 

 

 

-ブログ
-

Copyright© hairdesign LARGO , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.